個展

スペインで芸術家やってる友人が秋田で個展を開いたので行ってきました

日本では秋田のみ28日まで広小路のお堀の向かいのテナントでやっています

お近くの方は是非!

次の個展は7月にイギリス、秋田ではコレが最後なんだって

昔から知っているが本当に個性的な人で、独特の考えを持った男だ

中学を卒業して直ぐにブラジルにサッカー留学。

学校には殆ど行かず、部活にだけ通っていた様な人。

4年程で帰国し、呑みや街の裏路地でショットバーを経営。

この頃から絵を描きはじめる。グチャグチャでピカソみたいな絵。

アパートの前の道路にペンキで絵を描いて通報される。

「まだ描き終わってないのに!」と暴れて公務執行妨害で逮捕。

店の帰り、明け方自転車を押して歩いていただけなのに「見た目が怪しい。薬でもやってるんじゃないのか?」と警察に職務質問を受け、毎度の事にうんざりして暴れて公務執行妨害で逮捕。

酔っぱらって余りの気持ち良さに自転車でストリーキング。

この時は運良く?無事帰宅。

突然「九州に住む知り合いのところに自転車で行く!」と店をやめる

その途中に仙台でサッカーの助っ人を頼まれてるから、と参戦。

自転車(ママチャリ)が仙台でパンクした為、なけなしのお金を叩いて何故か?

新幹線のチケットを購入し、東京へ。

無一文になった彼は暫くホームレス。

駅の構内で体調が悪くなり、お漏らし。

あんなに嫌いだった警察に大人しく保護され、「金をやるから秋田に帰れ」と強制送還。

破天荒さが可愛かったのか?随分お金をもったオジさま達から可愛がられ、酒代は浮いていたはず

それでも「僕は友達なんか居ない!友達なんていらない!知り合いはイッパイいるけど、友達じゃない」とよくいっていた。

そんな彼に1度「僕の友達になって!」と言われた事がある・・・

「いいよ」と言ったら、次の日からよく仕事中に電話がかかってきてた

「僕、釣りがしたいんだ釣りに連れて行ってよ」

仕事が終わってから、迎えに行くと、釣り竿にバケツ、ハットをかぶり、眉毛が奇麗に剃り落されていた。

眉を剃り落したのは面白かったから。だそう。

アパートは生活感が全くなく、ガス台はあってもその上に置いてあるフライパンの中にはペンキ。

賃貸なのに壁一面に絵とブラジル語の落書き。万年床。なぜか六法全書。

暫くして、「スペインに行く!」と言ったと思ったら本当に行ってしまった

身一つでスペインへ行き、暫くホームレス。作品作りをしつつ、展示をしていたところでART好きな夫婦に出会い援助をうけながら個展を開催

地元メディアに取り上げられる様になり、「日本人って面白い!」と評価を受ける

一昨年、秋田で個展を開催。新聞とテレビで取り上げられる。

去年、父親が自殺。

そして今年個展を開催。今回の作品は「父の自殺」が大きく影響した作品で、テーマにもなっている。

久しぶりにあっても話しづらいこともなく、相変わらずで安心した。

少し、大人になったせいか?人間らしくなってた(笑)

前より人が好きになったかな?

イギリス頑張ってね!

ゴメン!写真はいっぱい失敗した!生はもっといいんだ!



c0178540_20432532.jpg
c0178540_20435895.jpg
c0178540_20442838.jpg
c0178540_2045220.jpg
c0178540_20452291.jpg
c0178540_2046134.jpg
c0178540_20465437.jpg
c0178540_20472178.jpg
c0178540_2048978.jpg
c0178540_2048455.jpg
c0178540_20491944.jpg
c0178540_20494996.jpg
c0178540_20503865.jpg
c0178540_2051477.jpg
c0178540_20521865.jpg
c0178540_205305.jpg
c0178540_205452.jpg


またしても品のない大量アップ・・・

骨のオブジェは好きです。影が奇麗だから

goh sasaki をヨロシクお願いします
[PR]
by kuritarou0830 | 2010-05-17 20:55 | 写真
<< なう!って言ってみた 洞窟 >>